黒ずみ対策

脇を化粧水でふき取るとコットンが真っ黒に?ワキガの人は試してみて

脇を拭きとったコットンの黒ずみ

脇の黒ずみが気になるので、化粧水を含ませたコットンで脇を拭いてみたところ汚れが付着します。

「これってワキガだから?」「それとも脇が黒ずんでいるから?」心配になりますよね。

汚れの正体、黒ずみのある肌のケア、さらに黒ずみがあっても使用できる専用の制汗剤クリームを紹介していきます。

脇の黒ずみを拭きとってみた


ある日、顔に化粧水をつけたコットンで何気なく耳裏から首を拭いてみたんです。

そしたらビックリ!なんとコットンが茶黒くなっているではありませんか!!

自分は不潔なのか・・毎日お風呂に入っているのにこんなに汚れているの?心配になり脇を拭くと、コットンに黄色い汚れが付着しているように見える・・

実は、わたしが脇を拭きとった時はお風呂に入る前です。

コットンについたのは、1日の汚れが可視化されたものでしょう。

汚れの原因を探っていきます。

脇はなぜ汚れているのか


汚れは大きく分けて2つあります。

油性の肌汚れ

ファンデーションなどの化粧品、日焼け止めクリームはクレンジングをしなければ落とすことができない油性の汚れです。

薄く塗った日であっても、洗顔料だけでは落とすことができません。

汚れが落とし切れていないと、油性の汚れが毛穴に詰まり、肌トラブルやザラつきの原因になってしまいます。

特に、首にも日焼け止めを塗っている場合はこまめにクレンジングで落としてあげないと、汚れが蓄積されてしまう可能性があります。

私の場合、首にも日焼け止めクリームを塗っていますが、首は石鹸のみで洗っていて、クレンジングでは落としていませんでした。

だから化粧水でふき取ったときに、茶黒く汚れがコットンについていたのです・・

水溶性の汚れ

水溶性の汚れとは、水で落とすことのできる汚れです。

水溶性の汚れ
・花粉
・ホコリやちり
・汗
・皮脂
・古くなった角質(垢)など

脇の下は服に密着しているため、汗や皮脂にほこりが混ざり合った汚れもあります。

脇の下は、ほとんどは水だけで落ちる汚れになります。
ワキガ体質の方は、清潔にしようとつい強くこすってしまいがちですが、制汗剤を塗っている場合でも、擦らないように優しく石鹸の泡で洗うだけで十分でしょう。

脇の黒ずみが拭き取れている訳ではない

脇を拭きとると汚れのようなものが付着することがありますが、脇の黒ずみは表面上の汚れではないので、拭き取って落とすことはできません。

表面上の汗、皮脂汚れやほこりが混じった汚れをコットンで拭き取ることができるのです。

脇の黒ずみの原因は


黒ずみの原因は色素沈着です。
カミソリや衣服の摩擦などで敏感になった脇は、刺激から肌を守るため、メラニンを生成します。

メラニンを含んだ肌細胞は、通常は角質層まで上がってくると、古い角質、垢となって剥がれていきますが、新陳代謝が低下していると色素沈着をおこしてしまいます。

さらに、デリケートな肌が乾燥し始めると、表皮よりもさらに深く真皮層に色素沈着を起こしてしまうため、肌の状態をすぐ整えなければ黒ずみがどんどん深刻になってしまいます。

脇のムダ毛処理前の女性
脇のブツブツってワキガなの?原因別のケア方法の紹介!脇の黒ずみやブツブツは、女性が気にする悩みの一つです。脇は汗をかきやすくこもりやすい状態であること、さらに制汗剤の使用やムダ毛の処理によって、皮膚ダメージが少しずつ蓄積されて、肌トラブルを起こしてしまいます。脇の黒ずみやブツブツの原因を理解し、自分にあったケア方法で「つるワキ」を目指しましょう。...

脇を拭きとるときの注意点


黒ずんだ脇を拭きとるときに気を付けたいことは2つあります。

ゴシゴシと擦らないこと

黒ずみのある脇はデリケートになっているので、あえてゴシゴシと擦るのはやめましょう。

乾燥した脇はむしろ拭き取らない方がよく、コットンで優しくパッティングするほうが刺激にならないようにケアできます。

間違った臭い対策でワキガ悪化!カラダの洗いすぎを今すぐやめるべき理由ワキガの臭いを消すため、ついナイロンタオルでゴシゴシと体を洗っていませんか?体の洗いすぎは、より体臭をキツくしてしまう可能性が高いのです。ニオイが気になる方は今すぐ洗いすぎをやめ、正しい洗い方と効果のあるクリームでわきが対策をしましょう。...

コットンにしみ込ませた化粧水が少量

コットンで拭き取る際に、化粧水が十分でないと力が入りすぎてしまい、黒ずみのある肌にとっては逆効果になる場合があります。

もし拭き取るのであれば、コットン全体にたっぷりと化粧水をしみこませるようにしましょう。

美ワキの人はやってる!脇の黒ずみ、ブツブツ毛穴に化粧水をパシャパシャ脇の黒ずみクリームを塗っても効果を感じられない方は、実は水分不足の可能性がありますので、化粧水で水分補給するのがおすすめです。汗をかきやすい場所である脇は、常に湿っているというイメージがありますが、制汗剤や衣類の摩擦で乾燥しやすく、実は過酷な状態。脇に化粧水をつけるべき理由と、おすすめの化粧水を紹介します。...

黒ずみ脇を洗うなら石鹸にもこだわって


こだわるといっても、正直なところ高価なものを使う必要はありません。

身体の広範囲に化粧はしないので、汚れのほとんどは水溶性です。
そのためゴシゴシ洗わずとも綺麗になります。

黒ずみに大敵なのは、強い刺激です。
摩擦だけでなく、体を洗うボディーソープなども影響しています。

そのため、黒ずみが気になる場合は洗浄力の高いボディーソープを使うのはやめて、肌に優しい成分の石鹸を使いましょう。

黒ずみケアできるピーリング石鹸
スキンピールバーの泡パックが万能すぎる!脇のニオイ予防にも脇の黒ずみにピーリングを使用する場合、使い方を間違えると黒ずみが悪化してしまうため注意が必要です。刺激が心配の人は、ピーリング作用が高いグリコール酸の配合を抑えた石鹸タイプのピーリングがおすすめです。グリコール酸の配合を4%以下の使いやすいサンソリットのピーリング石鹸「スキンピールバー」を紹介します。...
削ったチーズ
効果抜群のジャムウ石鹸の選び方!脇や股のニオイ黒ずみは解消できる脇の黒ずみだけでなく、デリケートゾーンの臭いにも効果を発揮する石鹸で「ジャムウ石鹸」が注目されています。角質、溜まってしまった垢など蓄積された汚れに菌が繁殖してしまうとニオイが強くなるのでデリケートな部分を丁寧に洗い、なおかつ乾燥させないことが重要です。この記事ではジャムウの効果やおすすめの石鹸について紹介しています。...

脇を拭き取るより大事なことは「保湿」


汚れが残っている状態の肌ではスキンケアの効果がでにくくなってしまうように、脇でも同じことが言えます。

コットンでの拭き取りはあくまで汚れを落として、次に行う保湿の浸透を補助する役割です。

黒ずみケアを本格的に行うのであれば、まず黒ずみ専用クリームを塗り込むことはもちろんですが、その前に「洗う」「保湿」するという基本のケアが最も重要になってきますので、着実に黒ずみを解消できるよう、脇のスキンケアにも目を向けてみてください。

ミュゼのデリケスキンのレビュー
ミュゼ『デリケスキンホワイトエッセンス』口コミと効果は?脇の黒ずみ対策VIラインはトイレットペーパーの摩擦や、パンティの刺激で、黒ずみやすくなっています。そんなデリケートな肌の悩みは専用の美容液で解消しましょう。脱毛サロンで有名なミュゼが発売しているデリケスキンシリーズは、美白美容液、ボディーウォッシュのダブル使いで、女性の悩みであるくすみやニオイの悩みを、肌に負担をかけずに解消できるコスメブランドです。実際に使用してみた体験レビュー、デリケスキンの特徴を紹介していきます。...

脇の黒ずみがある場合はクリームで汗対策が正解

脇の黒ずみがある状態で、乾燥が進むスプレーや、つまりやすいスティックタイプの制汗剤使用は避けたほうが良いでしょう。

脇の皮膚を乾燥させずに、原因菌を殺菌するにはクリームタイプ一択です。

保湿をすることは重要ですが、外出前のわきが対策にはなっていません。
ワキガ臭を徹底的に抑えたいのであれば、原因菌の殺菌を行うようにしましょう。

ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗腺からでてくる汗と皮膚上の雑菌が反応することです。
そのため、ワキガの原因菌を殺菌する効果の高い制汗剤を使うことをおすすめします。

コスパ、効果にこだわり、ワキガクリームを試してきた私の中で最もおすすめできる制汗剤を紹介します。
デオシーク公式サイトへ

以前は、会社でトイレの度にニオイの確認をしていましたが、ニオイチェックの回数がグッと減りました。
夕方になってもいやなツンとした臭いを感じることが減ったからです。

デオシークについての効果、実体験レビューはこちらの記事で紹介しています。

新しいデオシークに配合されたジャムウ
ワキガ対策できるデオシーク、損しないように事前に知りたいことすべてデオシークってワキガ臭を抑えられるの?効く、効かない口コミがあるので、どのわきがクリームを選べばいいか分からない人は実体験レビューを参考にしましょう。口コミだけだと、なぜ効かないのかその人の持つ前提条件が分かりにくいからです。ここではリニューアルしたデオシークについて徹底解説します。...

自分にあうクリームを使いたい。人気ワキガクリームの徹底比較で、中程度ワキガの人が使ったときの使用感レビューしています。

ノアンデデオシーククリアネオ
デオシークとクリアネオ比較!人気わきがクリームはどれがいいの?わきが専用のデオドラントを使うなら、効果があるものを買いたいですよね。 この記事では、こんなお悩みを解消します。 「自分...