黒ずみクリーム 口コミ

脇の黒ずみは肌のターンオーバーを見方にしてキレイに消そう!

肌の自然なターンオーバー

黒ずみケアのためには、肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期を整えることは重要です。

保湿ケアをすることで肌ダメージを改善しながら、脇の黒ずみをきれいにしていきましょう。

ターンオーバーの仕組み誤解しがちのターンオーバー促進ケアによって生じる、肌トラブルについてもふれていきます。

黒ずみの排出のためには、正しいターンオーバーの周期やケア方法をとりいれていきましょう。

ターンオーバーの仕組みとは


肌のターンオーバーとは、新しい肌表皮の生まれ変わりをいいます。

新しい細胞は肌の基底層でうまれ、その細胞が14日で角層と呼ばれる皮膚表面に到達します。

その後、皮膚表面にとどまり皮膚を保護する役割を果たし、垢となってはがれていきます。

このように新しい細胞が生まれ、皮膚となり、剥がれ落ちるターンオーバーのサイクルは一般的に28日が理想的といわれています。

ターンオーバーが乱れる原因2つ

紫外線、肌荒れによる乱れ

紫外線や服の摩擦、化学的な刺激などによってダメージは、肌のターンオーバーサイクルの正常化を乱す原因になります。

紫外線や衣類の摩擦などの刺激を受けた肌は、肌を外からのダメージから守るバリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌は水分を蓄える力が弱まり、乾燥しやすくなったり、ニキビや肌荒れ、かゆみなど肌が敏感になってしまいます。

特に脇の下は、衣服の摩擦が多く、制汗剤や蒸れなど肌ダメージが多いので、黒ずみになりやすい環境がそろっています。

年齢によるターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは年齢を重ねると、その周期も長くなる傾向があります。

個人差がありますが、だいたい自分の年齢×1.5~2倍が自分のターンオーバーにかかる日数といわれているようです。

ターンオーバーを早めることが良いことではありません。
年齢にあった周期に近づけるよう、ターンオーバーを整えることが重要です。

ターンオーバーの周期は年齢によって何日かかるか違う?

肌のターンオーバーは新陳代謝の低下にともない、年齢を重ねるごとに周期が長くなっていきます。

年齢別平均的なターンオーバーの周期
20代・・・28日程度
30代・・・40日程度
40代・・・55日程度
50代・・・78日程度
60代・・・90日程度

20代~30代の28日周期が最も肌を健やかに保てる周期となるようです。

年齢を重ねると、傷あとやシミが残りやすくなったり、傷や内出血なども治りが遅くなったりするのはターンオーバーの周期が遅くなっているからなのです。

ターンオーバーを促進しすぎるのも肌トラブルの原因


黒ずみのない肌を保つためには、ターンオーバーを早めることに意識が向ける人が多いです。

しかし、早すぎるターンオーバーはかえって肌トラブルを招きやすくなるので要注意です。

ターンオーバーの周期が早まったり、遅くなりすぎたりするとこのような肌トラブルが起こります。

肌のターンオーバーが早いと起こる肌トラブル

ターンオーバーが早いと未熟な細胞がうまれてしまいます。

未熟な細胞だと、乾燥や刺激から肌を守るバリア機能も弱いので、傷んだり乾いたりしやすく、ニキビや炎症の原因にもなってしまいます。

ターンオーバーが早いことで感じやすい肌トラブル
・乾燥を感じるのに肌がテカりやすいインナードライ

・ニキビや肌荒れしやすい

・敏感肌で化粧品があわなくなる

ターンオーバーの周期より早く生まれた細胞は未完成であるため、水分を保持して潤う力や肌細胞の伸縮力にも乏しい状態です。

このような未熟な細胞が肌表面である角質層に出てきてしまうと、少しずつ肌が弱くなり、荒れやすい状態を引き起こしてしまいます。

ターンオーバーを早くしてしまう間違ったスキンケア方法


普段何気なく行っているスキンケア方法は、正常なターンオーバーを乱す、”やりすぎケア”の可能性があります。

ターンオーバーを早めてしまうスキンケア方法
・実は乾燥しているのに石鹸で念入りに洗っている
・強すぎるクレンジング剤を使っている
・体をナイロンタオルでゴシゴシ洗っている
・合わない化粧品、保湿、美容液を使っている

乾燥肌なのにゴシゴシと洗うことや、1日に何度も洗うなどの洗いすぎは、ターンオーバーを早めてしまう原因になってしまいます。

わきの黒ずみの場合、カミソリでの処理でついた細かい無数の傷ダメージが蓄積され、肌を守るための結果としてメラニンが生成されている状態です。

早すぎるターンオーバーは、さらにバリア機能を弱めてしまうため、洗い過ぎをやめて保湿をすることをおすすめします。

肌のターンオーバーが遅いと起こる肌トラブル


今度はターンオーバーが遅い状態です。
ターンオーバーが遅いということは、肌から剥がれるはずの老廃物が自然に剥がれ落ちないで、肌に張り付いている状態です。

落ちるはずの垢で肌表面を覆われてるので、肌のザラつきや角質が詰まるなど手触りが変わったり、老廃物が落ちていないので肌がくすむ原因になってしまいます。

肌ターンオーバーが遅いことで感じやすいトラブル
・角質が毛穴につまりやすい
・肌がくすみやすい
・肌がゴワゴワ、柔らかさがない 
・化粧水が浸透しない

剥がれ落ちるはずの生命力が無い細胞が肌にはりついている状態を想像してみてください。

肌が厚くなり、見た目にもくすみが気になるので、顔であればファンデーションを厚塗りしてしまうという、悪循環になってしまいます。

肌のターンオーバーが遅いということは、代謝が遅いということなので、生成されたメラニンが排出されずにとどまってしまい、シミや黒ずみの原因にも繋がってしまいます。

ターンオーバーを整えるスキンケア方法


毎日のスキンケアを集中的に、生活習慣や食生活で体の内側から変えていきましょう。
ターンオーバーが早まっているのか、遅くなっているのかによって毎日のスキンケアは方法は変わってきます。

ターンオーバーが早いとき:保湿する

ターンオーバーが早いのであれば、角質を無理やり剥がしてしまっている可能性があるため、肌内側の潤いを保つ必要があります。

肌の水分と油分のバランスを整え、丁寧に保湿を行いましょう。

普段のスキンケアでは角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さない事が重要です。

水溶性プラセンタエキス
脇の黒ずみには水溶性プラセンタが効果的!保湿と美白ができる最強成分脇の黒ずみに効果がある「水溶性プラセンタエキス」が配合された黒ずみクリームを知っていますか? プラセンタエキスは美白と保湿に効果がある成分で、ターンオーバーが乱れ、ブツブツや乾燥が気になる脇をケアするのに効果的な成分です。プラセンタエキスと黒ずみへの効果についてみていきましょう。...

ターンオーバーが遅い時:ピーリング

古い角質が肌から剥がれずに、肌表面を覆っている状態なので、ピーリングによって角質を剥がれやすくし、正常なターンオーバーへ導くことができます。

黒ずみケアできるピーリング石鹸
スキンピールバーの泡パックが万能すぎる!脇のニオイ予防にも脇の黒ずみにピーリングを使用する場合、使い方を間違えると黒ずみが悪化してしまうため注意が必要です。刺激が心配の人は、ピーリング作用が高いグリコール酸の配合を抑えた石鹸タイプのピーリングがおすすめです。グリコール酸の配合を4%以下の使いやすいサンソリットのピーリング石鹸「スキンピールバー」を紹介します。...

ターンオーバーを整える生活習慣


スキンケア、生活習慣とのターンオーバー促進方法があります。

良質な睡眠をとる

良質な睡眠といわれると睡眠時間の長さだけに目を向けがちですが、睡眠の質を向上させることが重要です。
睡眠の質を高めるためには、生活習慣の改善が鍵です。

睡眠の質を高めるには
・寝る2時間前までには食事を済ませる
内臓の働きが活発になると睡眠が浅くなる可能性があります。

・ぬるめの湯船につかって体を温める
副交感神経を優位にすることでからだがリラックスモードになります。

・ベッドの中でスマホをつかわない
1時間前にはスマホやPCを消しましょう。脳が覚醒してしまい、熟睡を妨げることになります。

食生活の乱れ

人間は食べたものでカラダが作られています。

・甘いもの、スナック菓子をよく食べる
・肉中心の食生活
・脂っこいものが好き
・アルコールを摂りすぎている

などの不摂生が続けば当然、肌の調子も冴えません。

ビタミンB群をはじめとするビタミンや食物繊維、脂質、たんぱく質など栄養バランスを考えて食べることが重要です。

肌の細胞のためだけではなく、血液がすべての細胞に栄養分を届ける役割なので、必要とする栄養素をしっかり食事から取り入れましょう。

体の冷え

体が冷えると血流が悪くなり、全身の血液が十分に行き届きにくくなります。

・足先や指先への血のめぐりが悪くなると「末端冷え性」
・首への血のめぐりが悪くなると「肩こり」
・足にめぐった血液の戻りが悪くなると「むくみ」

など、血のめぐりが悪くなることによって、様々な不調を感じることがあると思います。

同じように血流が悪いと、新しい細胞のために必要な栄養素が肌の基底層へ届けられず、また排出すべき老廃物が流されずに溜まってしまう悪循環になります。

ターンオーバーの速さは部位によって違う

実は、ターンオーバーの速さは体の部分によって変わってきます。

顔の頬や額でも違いがありますし、末梢神経が集中している手足の部位は新しい細胞が入れ替わるのが遅い傾向です。

例えば、かかとは表皮の層が厚く、カラダのなかで皮膚が固くなっている箇所です。
顔と比較し、2~3倍かかるといわれています。

ターンオーバー周期を早めることが美肌の秘訣?


ターンオーバーは早めるのではなく、正常な周期を保つ、または乱れた周期を整えることが重要です。

ターンオーバーが早すぎると、未成熟のままで表皮になってしまったので、保水力や抵抗力や乾燥に負けない機能がまだイマイチのままの肌が完成してしまします。

未熟なまま完成してしまった表皮はバリア機能が低下しているので、乾燥肌や刺激に弱い敏感肌などになりやすいのがつらいです。

そのため脇の黒ずみの場合も同様に、脇をゴシゴシ洗うことはいかに厳禁かお分かりいただけたかと思います。

細胞の活性化・抗酸化作用・保湿力が重要です。

脇の黒ずみ改善にもターンオーバーは有効


日頃から保湿を行い健康な肌を保ち、正常なターンオーバーで新しい表皮への生まれ変わりを促進させましょう。

脇の黒ずみは、自己処理でワキの肌を傷めて、乾燥させてしまうことが大敵です。

皮膚にはターンオーバーという再生機能があるため、通常は黒ずみのある皮膚がが少しずつ新しい表皮に生まれ変わり、消えていきますが、ターンオーバーは加齢や、皮膚への栄養不足、バリア機能低下などによって簡単に乱れてしまうのです。

そのため、脇の黒ずみの予防、対策には、潤いのある健康な肌に栄養を与え、ターンオーバーの促進が大切です。

脇を白くするには、ワキの皮膚を健康に保つことが最も重要なので、黒ずみの気になる人は保湿クリームや美容液をしっかり塗って、ターンオーバーを整えながら、黒ずんだ脇をもちもちとした健康的な脇に整えていきましょう。

クリームや美容液は肌質にあったものを選ぶようにし、ターンオーバーを味方に地道なお手入れをすることが必要です。

黒ずみクリームおすすめ5選
もう悩まない!脇の黒ずみ、ブツブツに効くクリームおすすめ5選脇のブツブツ、黒ずみを解消するには、専用の美白クリームが有効ですが、実は黒ずみを解消する代表的な商品の成分自体はどの商品もほぼ同じなのです。 この記事ではどのクリームを使うべきか、黒ずみクリームを選ぶポイントについて紹介していきます。...