黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみに馬油ソンバーユは隠れた名品!おすすめする人とそうでない人

馬油のテクスチャー

デリケートゾーンの保湿に馬油を使うことができるのを知っていますか?

馬油とは、食用の馬の脂肪を溶かし不純物を除いて純度を高めた保湿剤です。厚生労働省に皮膚保護用化粧品として製造することが認められている、無添加のスキンケアオイルです。

無添加なものを選ぶと限りなく刺激が少ない化粧品なので、デリケートゾーンがかぶれやすいという人に特におすすめです。

私も皮膚の弱い場所は化粧品がしみたりするのですが、馬油でヒリヒリしたことはなく安心して使えました。

デリケートゾーンや脇や首なども保湿できる優れものの馬油ですが、
黒ずみや乾燥肌のお手入れに馬油を使うメリットとデメリットもあります。
この記事では、肌の状態に合わせて馬油でケアする方法を紹介します。

デリケートゾーンのケアに馬油がおすすめの人

夏にむけて黒ずみ予防がしたい人、すでにケアのために黒ずみ対策クリームを使っている人は、馬油を普段のケアにプラスすると、肌の状態を整えることができるのでおすすめです。

馬油で皮膚を保護し、下着や衣服の摩擦を軽減させることで黒ずみの原因”メラニン”の生成を抑えます。

とはいえ初めての人にとって、馬油は油だから「デリケートゾーンに塗るとベタベタするのでは?」と心配になってしまいますよね。

私も使い方を工夫する前は使用感がイマイチだったのですが、
愛用している馬油ソンバーユの製造元である薬師堂の紹介する使い方を実践するようになってから無添加で刺激のない使い心地に満足していて、
デリケートゾーンの保湿に馬油は最適だと感じています。

使用した後の肌触りで実感できますが、馬油の浸透力は驚くほど高く、塗って5分後には肌に馴染んで、吸い付くようなふっくらした肌になっています。

馬油は人の皮脂に近い、自然な油脂なので肌なじみが非常に良いとされていて、肌の水分を保つのに重要な役割を担っている皮脂膜の機能を守ります。

肌本来の保水力が元に戻ると、みずみずしい素肌へと導いてくれるわけです。

では、デリケートゾーンに馬油を使う際の正しい使い方をご紹介します。

デリケートゾーンのケアには馬油を正しく使おう

馬油は化粧品として製造されているので、正しく使うことでより効果が実感できます。

これまで馬油を使って満足できなかった方も、実は意外と見落としているポイントなのでぜひもう一度試してみてください。

馬油の正しい使用法は以下です。

「ソンバーユ製造元の薬師堂がおすすめする」正しい馬油の使い方

1. 洗顔または風呂上り後、お肌の水分を残す

2.水分となじませるように馬油を優しく塗る
※目安時間で5~6分経つとべたつきがなくなります。

3.水を絞ったタオルを20~30秒間レンジで温めて蒸しタオルを作り、(熱すぎる場合は冷めてから使用)蒸しタオルでお肌をパックする

お風呂上りに、肌の水分を残すというところが最大のポイントです。

蒸しタオルパックは顔だけでなく、デリケートゾーンにも効果的で、
温めることで血行も良くなり、肌の温度も上がって油性の成分の浸透を促します。

特に、ケアしていなかった箇所は保湿が不十分で、下着の擦れなどで乾燥が進んでいる可能性があるからです。

黒ずみを感じるデリケートゾーンのケアには肌の状態を良くすることがまずは重要です!

肌の状態を整えながら、もう少し美白効果が期待できるものでケアしたいという方が、
有効成分が配合されているデリケートゾーン専用の保湿クリームを使用することをおすすめします。

デリケートゾーン専用クリームはこちらを参考にしてください。

デリケートゾーンのケアに馬油をおすすめできない人

馬油はもともと火傷の治療に使われたことにルーツがあるものですが、傷や炎症が起きている肌に使うのはおすすめしません。

乾燥肌が悪化して炎症を起こしている場合は、まずは皮膚科で診断してもらうほうがいいでしょう。

さらに馬油には美白効果はありませんので、すでにできた黒ずみのある皮膚のターンオーバーを早めて、少しずつ薄くするという保湿ケアです。

馬油の使用によって血行が良くなり新陳代謝が促進され、その結果黒ずみのあるデリケートゾーンが元の状態に戻っていく効果が期待できますが、それには時間がかかるでしょう。

そのため、デリケートゾーンをとにかく美白したい、夏までにケアを集中的にやりたい!という方は、
保湿成分に加えて、有効成分が入ったデリケートゾーン専用のクリームでお手入れすることが一番の近道です。

デリケートゾーン専用のクリームには有効成分入りなので結果がでやすい

馬油の保湿によって乾燥した肌を元の状態へ導くことができますが、デリケートゾーンに関しては、自己処理で蓄積されてしまったダメージや、下着などの擦れによる色素沈着があるので、馬油によるケアではかなり時間がかかりますので、黒ずみケアに集中したい場合は、専用のクリームを使いましょう。

デリケートゾーン専用のものは美容成分だけでなく、黒ずみにアプローチできる有効成分が入っているので、早くからケアすることで効果を実感できます。

デリケートゾーンのような敏感な部分に塗るものは自分の肌に合うものを慎重に選びたいところ。
初めて使う場合は黒ずみケアクリームは種類が多くどれが自分に合うかわからないのが本音ではないでしょうか。

これから黒ずみケアを始めてみたい人に、デリケートゾーンに使える黒ずみクリームをまとめましたので、こちらを参考にしてみてください。

黒ずみクリームおすすめ5選
ノースリーブが着れないアラサーが選ぶ!脇ケアクリームおすすめ5選脇のブツブツ、黒ずみを解消するには、専用の美白クリームが有効ですが、実は黒ずみを解消する代表的な商品の成分自体はどの商品もほぼ同じなのです。 この記事ではどのクリームを使うべきか、黒ずみクリームを選ぶポイントについて紹介していきます。...
ミュゼのデリケスキンのレビュー
ミュゼ『デリケスキンホワイトエッセンス』口コミと効果は?脇の黒ずみ対策VIラインはトイレットペーパーの摩擦や、パンティの刺激で、黒ずみやすくなっています。そんなデリケートな肌の悩みは専用の美容液で解消しましょう。脱毛サロンで有名なミュゼが発売しているデリケスキンシリーズは、美白美容液、ボディーウォッシュのダブル使いで、女性の悩みであるくすみやニオイの悩みを、肌に負担をかけずに解消できるコスメブランドです。実際に使用してみた体験レビュー、デリケスキンの特徴を紹介していきます。...