黒ずみクリーム 口コミ

首の黒ずみで老けて見える…今からでも間に合う解消方法4選

首の黒ずみとポツポツの治し方

首の黒ずみやポツポツは、毎日のケアでターンオーバーを正常にすることで少しずつ改善していくことができます。

年齢を重ねるとネックレスのようにシワにもなりやすいので、首は予防のケアが最も重要です。

首やデコルテは、紫外線を浴びやすいにも関わらずケアを忘れがちなパーツだからこそ、首の黒ずみポツポツの原因と正しい解消方法をみていきましょう。

首の黒ずみ、シミの原因は?

首イボ
「肩」「デコルテ」「首」にできる黒ずみの原因としては、紫外線の影響が出やすいです。

紫外線を浴びると、メラノサイトでメラニン色素が生成されます。

メラノサイトは表皮の1番下にあり、メラニン色素を生成することで、そのさらに下にある真皮に紫外線ダメージを与えないように守る役割をしています。

メラニン色素は通常ならターンオーバーによって次第に皮膚の外側押し上げられて、古い角質となって剥がれ落ちていきます。

しかし、紫外線を大量に浴びてしまうとメラニン色素が多く生成されてしまい、ターンオーバーを乱してしまうので、メラニン色素がそのまま肌に残り色素沈着してしまいます。

それが黒ずみやシミになります。

首やデコルテも顔と同じく紫外線に当たりやすい場所です。

しかし顔はスキンケアや日焼け止めを意識して行っていてる人でもデコルテは忘れがちです。

そのため紫外線の影響による黒ずみやシミが現れやすくなります。

首のポツポツの正体はイボだった

首のポツポツは皮膚の老化によってできてしまいます。

30才を過ぎた頃からできはじめ、40代では多くの人に現れる首のポツポツとした小さなイボ。

これは肌の老化によって現れるイボの一種で、アクロコルドンやスキンタッグと呼ばれています。男女問わず発生し、触ると柔らかく、大きさは数ミリと小さいのが特徴です。

かゆみなどの症状はなく、ウイルス性ではないので感染する心配もなく、放っておいても問題ありません。

しかし肌色から茶色の小さく突起したポツポツが、数個から多い場合は数十個とたくさんできるので目立ちますし、アクセサリーやワイシャツの襟、ハイネックで擦れると不快感を感じることもあります。

何よりもこのイボがあると老けて見えてしまうのが気になるという人が多いです。

首の黒ずみやポツポツはどんな人ができやすい?


首の黒ずみやポツポツは、男女問わず発生しますが、30代以降からできる人が多く、特に日焼けをしている人、更年期以降の人、肥満体型の人にできやすいとされています。

首の黒ずみやポツポツの原因は、肌の老化です。

そのため、30才を過ぎた頃から出来始め、更年期以降では数えられないほど無数に発生してしまうこともあります。

また、出来やすい体質というのもあるようで、早い場合は20代でもできる人がいます。
肌の老化の原因は単純に年齢を重ねることだけではありません。

年齢以上に肌の老化を進めてしまうのが紫外線です。紫外線を多く浴びると肌の老化を進めてしまう原因になります。

紫外線による肌の老化を光老化と言い、これは子供の頃から浴びた太陽光の総量と関係しています。

紫外線は肌内部にまで侵入してダメージを与えます。

紫外線を浴びる量が多いほどこのダメージが蓄積されて肌の老化を加速させてしまいます。

首の黒ずみ、シワ、ポツポツをとるためには①保湿

手の甲に塗ったクリーム
首の黒ずみやシワ、ポツポツが出来てしまう原因は肌の老化です。

肌の老化を防ぐためには保湿をおこない、乱れたターンオーバーを正常化させることが大切です。

また、肌が乾燥していると服やアクセサリーと皮膚が擦れ、肌の刺激になってしまい、肌へのダメージは黒ずみやポツポツの原因になります。

肌が潤っていると摩擦によるダメージを防ぐことができるので、首やデコルテまでしっかりと保湿するようにしましょう。

首は顔と同じくらい紫外線が当たる場所です。肌が乾燥していると紫外線によるダメージを受けやすいですし、紫外線を浴びると余計に肌が乾燥しやすくなります。

でも、洗顔後にお顔は化粧水や乳液を使ってケアをしている人も、首まで同じようにケアをしているという人は少ないので、首は乾燥してしまうことが多く、紫外線によるダメージも受けやすいため、肌老化が早く進みやすい部分です。

顔と同じように化粧水や乳液でケアをしてあげて、日中は日焼け止めを塗って紫外線対策を忘れないようにしましょう。

首の黒ずみ、シワ、ポツポツをとるためには②マッサージ

マッサージをする事で、肌の新陳代謝を促す効果が期待できます。

肌が老化すると、肌の新陳代謝が低下してしまいます。

古い角質が剥がれ落ちず蓄積され、ゴワゴワと乾燥した肌になり、黒ずみやシワ、ポツポツができやすくなってしまうので、マッサージは効果的です。

マッサージをするときには必ずクリームを使って滑りやすい状態にしてから行いましょう。

手で擦ってしまうと摩擦になり余計に悪化してしまいます。

指の腹の部分を使って首の真ん中から横に向かって広げるようにマッサージをしていきます。

リンパには流れる向きがあるので、最後は耳の付け根から肩に向かって数回なでおろすようにマッサージします。

鎖骨を人差し指と中指で挟み、中央から肩に向かってさするようにすると滞ったリンパの流れをスムーズにすることができるので、小顔効果や肩こり、首こりにも効果的です。

首の黒ずみ、シワ、ポツポツをとるためには③ピーリング※やりすぎ厳禁

スキンピールバーのAHA
古い角質を剥がすことができるピーリングは、古い角質が蓄積されてしまったことが原因で起こる黒ずみやポツポツに効果的です。

ピーリングは、市販されているものを使って自宅で行うこともできますし、皮膚科で行うこともできます。

ピーリングを行うと角質を剥がして新しい肌に生まれ変わらせることができますが、やりすぎには注意が必要です。

短期間に何度も繰り返し行うことで、必要な角質まで剥がしてしまい、肌を守るバリア機能を低下させます。

そうなると乾燥が進み肌が刺激に弱い敏感な状態になってしまうことがあり、炎症やかぶれを引き起こす場合がありますので注意です。

自宅で行う場合には週に1回程度にして、違和感を感じたら使用を中止するようにしましょう。

正しい頻度でピーリングを行うことで、正常なターンオーバーを促しポツポツをケアしましょう。

脇のブツブツにピーリングは効かない?鳥肌状態の改善方法「脇の黒ずみ、ぶつぶつを治したいのであればピーリングしましょう」という言葉をそのまま信じてはいけません。 鳥肌みたいなぶつぶつは、ピーリングだけで消すことはほぼ不可能なのです。なぜピーリングが効くと言われているか、またピーリングをつかってブツブツを治す方法についてまとめています。...

首の黒ずみ、シワ、ポツポツをとるためには④ハイネックやネックレスなど首への摩擦を避ける

ハイネックやネックレス、Yシャツの襟、マフラーなどは、首と擦れることで刺激になり、それが黒ずみやシワ、ポツポツの原因の1つとも言われています。

摩擦を全くなくすことはできませんが、ネックレスは外出時だけ付けるとか、首の保湿をしっかりと行うなどできるだけ摩擦を軽減させるようにしましょう。

着るものやアクセサリーによる摩擦は、1回ずつは大した刺激ではありません。

でもそれが、長年に渡って毎日何時間も続くことでダメージが蓄積され、黒ずみやシワ、ポツポツが現れてしまいます。

仕事柄、襟付きの服を着なくてはいけない人も多いでしょう。

特に男性のYシャツは襟が硬く摩擦が生まれます。

家に帰った後やお休みの日は首回りのゆったりした服で摩擦を減らしてあげると良いですね。

首のポツポツは医療機関でもとれるけど高額…

首のポツポツは皮膚科や美容皮膚科、美容外科など医療機関で、除去することができます。

治療法は電気メスによる切除や、レーザー照射、ハサミによる切除、液体窒素で凍らせて除去など複数の方法があります。

医療機関での除去は短期間できれいに治療できるというメリットがありますが、費用が高額になるというデメリットがあります。

そして、首のポツポツは一回取ったら終わりではありません。

肌のターンオーバーが乱れたままだったり、ケアを怠ったり、これまで浴びた紫外線の影響によって再発してしまう可能性があります。

その都度医療機関で取ってもらっているととても高額になってしまうので、取ってもらったからと安心するのではなく、再発しないように日頃のケアを徹底することが大切です。

首のポツポツをこれ以上増やさないためには紫外線対策が必須

日焼け止め
首のポツポツの原因は肌の老化で、肌の老化を進めてしまうのが紫外線です。

紫外線によるダメージを受けると、ターンオーバーが乱れ、肌の再生力が落ちてしまいます。
そして古い角質が残ってしまうことで、ポツポツとしたイボが現れます。

紫外線は今浴びているものだけでなく、これまでに浴びてきた総量も影響します。

そのためこれ以上ポツポツを増やさないようにするためには、紫外線対策をすることが大切です。

首は服から出ている場所なので紫外線を浴びやすいところです。

また、帽子を被っていても首には陽が当たっていることがあります。

紫外線は年中降り注いでおり、窓を透過して部屋の中へも入ってくるので、外出時はもちろん室内にいる時も首には日焼け止めを塗るようにしましょう。

首の黒ずみやポツポツには有効成分が入ったクリームで保湿しよう

首の黒ずみやポツポツには、美白効果や抗炎症効果のある専用のクリームを使うのがおすすめです。

黒ずみの原因は紫外線や服、アクセサリーなどと擦れることが原因によるメラニンの色素沈着です。

そのため、プラセンタエキスなど美白効果があるクリームがおすすめです。メラニンの生成を抑えてくれます。

プラセンタエキスは肌のターンオーバーを整え活性酸素を抑制する働きもあります。

活性酸素は肌老化の原因になるものです。

ポツポツは肌の老化とターンオーバーの乱れが原因です。そのためプラセンタエキスが配合されたクリームは黒ずみにもポツポツにも効果が期待できます。

水溶性プラセンタエキス
脇の黒ずみには水溶性プラセンタが効果的!保湿と美白ができる最強成分脇の黒ずみに効果がある「水溶性プラセンタエキス」が配合された黒ずみクリームを知っていますか? プラセンタエキスは美白と保湿に効果がある成分で、ターンオーバーが乱れ、ブツブツや乾燥が気になる脇をケアするのに効果的な成分です。プラセンタエキスと黒ずみへの効果についてみていきましょう。...

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、皮膚用医薬品にもよく使われている成分です。

皮膚炎やニキビ、肌荒れに効果があり、肌の調子を滑らかにして整えてくれる働きをします。

脇の黒ずみはグリチルリチン酸ジカジウム配合クリームで解消しよう脇の黒ずみに効くクリームを成分で選んでいますか? 肌トラブルのない美白ワキを手に入れるには、慢性的な炎症状態を改善しなければなりません。黒ずみクリームに配合されている「グリチルリチン酸ジカウウム(グリチルリチン酸2k)」の有効性について調べてみました。...

首の黒ずみは継続的な保湿ケアで見違える!

喜ぶ女性
顔は毎日保湿と紫外線対策をしていますが、首はケアを怠りがちですが、ケアをはじめると見違えます。

特に、手触りっていうんですかね。
保湿をつづけると、肌の手触りが柔らかくなってくるのがわかるので、黒ずみやすい人や乾燥が気になる人は早めに保湿ケアしたほうがお得です!

首が黒ずむって、顔の近くなの健康美な印象から遠ざかってしまいますので、すごくショックです。

なので、保湿によって肌にうるおいと栄養を与えて、肌の状態を整えることをおすすめします。

悩み別!首の黒ずみに効くクリームの選び方

アットベリーのテクスチャー

黒ずみが気になる場合

黒ずみが気になる肌には、肌ダメージを回復させながらたっぷり保湿効果があるクリームを選びましょう。

全身の黒ずみケアに使える大容量サイズで、コスパと高い効果があるクリームでおすすめなのはアットベリーです。

通常の黒ずみ専用クリームは、30gの容量が多い中で、アットベリーは60gと倍の容量
コスパもよく、水溶性プランタなどの美白の有効成分が配合された高機能クリームなので、美白ケア商品としても人気が高いです。

イボやポツポツが気になる場合

クリアポロンはその名の通り、気になるポツポツを綺麗にする専用のクリームです。

首やデコルテ周り、また目元のポツポツが気になる人に絶大に支持される、大人気の保湿クリームです。

体質的にポツポツができやすい人もいますので、低刺激でもしっかり潤うクリームはデイリー使いに最適です。
手触り、透明感を取り戻したい人は要チェックです!