ワキガ

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法

自分のニオイを必要以上に気にし過ぎてしまい、日常生活に支障が出てしまう「自己臭症」と言われる症状に悩んでいる人がいます。

たとえ専門家に「ニオイがしない」と診断されても信じられず、常にニオイが心配で自分らしく生きることができないのはとても辛いことです。

この記事では自己臭症についての理解、さらに自分のニオイを客観的に判断するシンプルな方法を紹介していきます。

自己臭症とは

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法2

自己臭症とは、自分のニオイが過剰に気になり、周りの人に迷惑や不快な想いをさせているのではないかと思い悩む病気です。別名「自臭症」、「自己臭恐怖症」ともいわれています。

自己臭症の人は口臭、ワキガ、足のニオイなど「自分は臭うのではないか」と心配になり、一度思い悩むと日常生活にも支障が出てしまいう人もいるのです。

口臭治療で歯科医院に通っている患者が、適切な治療を受けるためにメンタルクリニックを紹介されることもあり、重度の自己臭症であれば、メンタルケアが必要とされています。

自己臭症になりやすい人

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法3

全てが必ず当てはまるというものではありませんが、自己臭症になりやすい性格としてあげられる性質があります。

・ちょっとしたことに敏感に反応する繊細さがある

・「人に迷惑がかかるのではないか」と気にしてしまい自分の意見を主張できない

・相手から嫌われることに対する極度な恐れがある

・本当のことをいうより、相手がどんな反応をするのかが気になる

・学生時代などの成長過程で、ニオイについてのトラウマがある

嗅覚は特にニオイに慣れるという性質があります。

毎日嗅いでいる自分のにおいを正確に判断することは難しいため、気にしすぎの性格によってさらにニオイを過剰に判断してしまう傾向にあるのです。

自己臭症の人によくある症状

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法5

毎日、ニオイの強迫観念を感じているような状況です。

本人にとっては心理的な負担が大きく、改善のためのケア・治療が必要な状態です。

・何気なく友人などに指摘された自分の臭いが気になり、その後神経質になる

・電車でとなりの人が鼻を抑えたり、顔に手を持っていくだけで「自分が臭うのでは」と不安になる

・人の目や態度を気にしてしまい、目の前のことに集中できない

・気持ちが晴れず、自分のニオイのことから頭が離れない

・家では臭わないのに、外にでると酷く自分がクサく感じる

・体の一部分を過剰に洗いすぎる

・少しのニオイにも過剰になり、脇にくっつくほど鼻を近づけなければ臭わないようなものも周りに迷惑をかけていると思い込んでいる

自分のニオイを客観的に判断する方法

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法4

嗅覚はすぐに順応しやすい感覚器官のため、たとえ他人のにおいは分かっても、自分のにおいは分かりにくいです。

一方、自分のニオイは認識しながらも、自らのニオイを日頃から嗅ぎ慣れてしまっているため、少しの汗臭さをかなりクサイものであると、厳しめに嗅いでいる傾向もあります。

客観的に判断するのに適しているのが、お風呂からあがった後です。

自分の体臭を嗅ぎ分けやすいのは、浴室内の水の分子によって嗅覚がリセットされるお風呂上りのタイミングです。

お風呂から上がった後は、すぐに自分が着ていた服のニオイを嗅いでみましょう。

どんなにおいがするのか、体臭が強さはどれくらいなのかが、普段より敏感に感じ取りやすくなります。

ニオイで生活に支障がでているなら専門家へ

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法6

日本は清潔を重んじる民族ですよね。

下水道の整備も世界トップクラスで、水も安心して飲めますし、除菌文化でニオイがする環境が限りなく少なくなっているため、ニオイ=悪ということになっているのではないでしょうか。

ニオイを気にしてエチケットとしてケアすることは正常なことなので全く問題ありませんが、いつもニオイを過剰に気にしていて、神経の緊張が続いているようであれば、普通の状態ではない可能性があるため、専門家のアドバイスを受け入れたほうがいいでしょう。

もちろん、自分のニオイを認めるということの難しさもあります。

クサイといわれるとショックですし、人前に出られなくなる恐怖もあるからです。

逆に、専門家から「臭わない」と診断を受けても、「そんなはずない」と耳を貸さないケースもあります。

ワキガ手術を受けているにも関わらず、ワキガ臭がずっと消えないと感じ、治療を続ける人もいます。

【2018年版】ワキガ手術・多汗症治療法と費用について | 汗治療のプロ

それと同様に、整形してもまだ足りないところがあると感じ、整形を続けてしまうという、一種の依存症のような連鎖になっているのかもしれません。

自己臭症?無料カウンセリングを受けるには

自己臭症が深刻…自分がクサイのか客観的に判断する方法7

一人で体臭に悩む必要はなく、病院、美容皮膚科クリニックでの客観的な意見をまず聞いてみましょう。

もしニオイの診断を受けてからも心配消えないのであれば、クリニックで悩みを相談することが必要だと、次のステップに進むことができます。

無料カウンセリングに行っても、必ず治療をしなければいけないという心配はありませんが、納得がいくカウンセリングが受けられるよう、行くクリニック選びは重要です。

近所のクリニックではなく、治療実績が豊富なクリニックを選ぶ

特にワキガ治療は、ドクターの経験値が重要になります。

アポクリン汗腺を除去する手術、医療機器を使ってアポクリン汗腺にダメージを与える手術、どちらでも大事になってくるのが、医師の技量です。

治療実績が豊富なほど、多くの患者のモデルケースを見てきているので、納得できる回答をいただける可能性が高いからです。

 

メスで切らない治療法の実績があるクリニックを選ぶ

様々なワキガ治療を選んできた患者の例が豊富なので、手術のみのワキガ治療を行うクリニックより、切らずにワキガ治療も行うこともできるクリニックへ行きましょう。

ガーデンクリニックは、ワキガ、多汗症治療でビューホットという、切らない治療の認定を受けているクリニックです。

今の状態についての客観的な診断、さらにリスクを抑えた治療法を説明してくれますので、まず無料カウンセリングをしたいという方にもおすすめできるクリニックです。

ガーデンクリニックのワキガ治療