ワキガ

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと

デトランスαは強力な制汗効果が期待できますが、皮膚が弱い方にとってはかゆみがでてしまうというデメリットもあるので、脇のかゆみのせいで使用をやめてしまった方も多いはず。

デトランスαの正しい使用法さらにかゆみがあった方にも試してもらいたい使用法を紹介します。

デトランスαとは

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと1

デトランスαとは、デンマークでベストセラーとなった多汗症・ワキガの方向けのロールオンタイプの制汗剤です。

塩化アルミニウムが配合されているため、制汗効果に優れており、これまでに100万個の累計販売実績がある人気の制汗剤です。

ドラックストアなどでは、ミョウバンなどの制汗成分が主となり、塩化アルミニウムが高配合された制汗剤は購入することができません。

夜塗るだけで翌日ワキサラサラ【デトランスα】



塩化アルミニウムの制汗効果は?

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと4

塩化アルミニウムには、汗の出る穴を変性させ、汗腺にフタをしてしまうことができるため、汗を抑える効果があります。塩化アルミニウム液は、皮膚科などでも処方されるほど制汗効果が高い成分です。

さらに、殺菌効果もあるのでニオイの元となる菌の繁殖を抑えることができます。北欧では約9割の人が体臭が強いとされているため、制汗剤の成分も強めに作られています。

デトランスαはなぜかゆくなるのか

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと5

デトランスαは、この塩化アルミニウムが高濃度で配合されているため、刺激成分となり肌がただれてしまうのです。

敏感肌でもないっという方でもかゆみを感じることが多いため、肌が弱い方は塗ってすぐにヒリヒリと感じます。

私自身、デトランスαを毎日のように塗っていた時は脇の皮膚をかきむしっていました。

いくら汗を抑えられるといっても、ここまでただれるくらい使用を続けることはおすすめしません。

デトランスαの正しい使い方

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと6

もし朝の外出前に、デトランスαを直ヌリしているようであれば、かなりの確率で脇がかゆくなるので止めましょう。

公式サイトによると、デトランスαには推奨される正しい使い方があります。

お風呂上がり、清潔で汗をかいていない脇にデトランスαを塗り込む

制汗効果を期待して、びしゃびしゃに塗ってしまいがちですが、適量を塗り込みましょう。1~2往復で十分だと思います。

塗りおえたら乾くまで服を着ない

せっかく塗っても、成分が服に浸透してしまったら効果が半減してしまいます。
ドライヤーの冷風などをあてると、すぐに乾かすことができます。

翌朝脇にぬった制汗剤をふき取る

しっかりふき取ってしまうと、制汗成分も半減してしまうのではないかと心配になりますが、ここはタオルなどでふき取るほうがかゆみにつながりにくいです。

これは髪のトリートメントと一緒で、お風呂で髪のトリートメントをしっかり洗い流せていないと、肌に残った成分が雑菌と繁殖してしまい、背中などのニキビの原因になると思います。

脇に残った塩化アルミニウムの成分が1日中肌に残っていると、強烈なかゆみを引き起こす可能性があるので、しっかりふき取りましょう。

 

デトランスαの公式サイト
毎月先着100名が特別価格で購入できます

デトランスαで脇がかゆくなってしまう方におすすめの使用法3つ

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと

肌が弱い方、かゆみを感じた方は使用をやめるまえに以下の方法を試してみてください。

コットンで塗布する

コットンに湿らせたデトランスαを肌に軽くパッティングするように塗ってみてください。

ロールオンで直接肌に塗り込むより、ヒリヒリとした刺激を軽減させつつ、ゆっくりと肌に浸透させることができます。

コットンに湿らす量をケチると効果がないので、使用する量は肌に直接ぬるときよりも多くなるかもしれませんが、直ヌリよりもかゆみを感じにくいです。

洗い流す時ゴシゴシと脇をこすらない

前日に塗ったデトランスαを洗い流す時、タオルやウエットティッシュでゴシゴシと拭くのはやめましょう。

肌への摩擦がさらに刺激となり、かゆくなってしまいます。

脇の皮膚はとても薄いので、摩擦や爪で少し掻きむしっただけでダメージになってしまいます。
翌朝ふき取るときは、湿らせたたタオルの水分をしみ込ませるように、やさしく拭きとりましょう。

脇の保湿をする

意外と忘れがちなのが、脇の保湿です。

制汗剤の利用や皮膚の洗浄、さらに衣類の摩擦によって、脇はかなり乾燥しています。

洗顔後、化粧水を塗らないと肌がつっぱってくる感じににているのかもしれません。
脇の皮膚は薄くデリケートのため、乾燥している皮膚にデトランスαを塗り込むと、バリア機能が低下している肌には刺激が強すぎて、かゆみ、ただれを引き起こしてしまいます。

制汗剤だけじゃダメ!ワキガこそ保湿が必要な理由 | 汗治療のプロ

汗をかいているため、乾燥には気づきにくい脇ですがしっかり保湿して肌のバリア機能を高めることが必要なのです。

脇の保湿はマッサージもできる馬油がおすすめです。

馬油は殺菌効果に優れていること、人の肌の油に似ていて、敏感な肌にも使えるので、脇のデリケートな皮膚をケアするのに絶好の保湿アイテムです。

妊婦さんによってつくられた興福堂のマッサージオイルは、敏感肌の方も安心して毎日つかえます。

興福堂の馬油マッサージオイル
お肌のハリを取り戻す!馬油オイル

 

まとめ

デトランスαで脇がかゆくなる人へ!使用を止める前に試すべき3つのこと7

脇の皮膚は、制汗剤の強い成分や衣類の摩擦、汗や雑菌の刺激によりダメージを受けやすい過酷な状態を毎日くりかえしています。

皮膚の状態を健康に保ちながら制汗剤を使うことで、デトランスαの刺激を軽減することができますので、かゆみにを感じる方は使用をやめる前に試してみてはいかがでしょうか。

デトランスα公式サイトはコチラ
毎月先着100名が特別価格で購入できます