デオドラント

毛抜きで脇毛を抜くと後悔…ワキガ臭が悪化する可能性

ワキガ毛抜き

脇毛を毛抜きでぬくときには、毛穴や毛根に強い刺激を与えます。

そのため、ワキガの人は特に毛抜きによる脱毛はおすすめできません。

毛抜きで抜いたときの刺激がワキガの原因であるアポクリン腺の働きを強め、ブツブツが目立つようになり、かえってわきがを悪化させてしまう可能性もあるので、正しい脇毛処理の方法と、ワキガ対策をしていきましょう。

脇毛を抜くなら絶対守るべき3ステップ

保湿クリームをぬる指
脇毛を毛抜きで抜くときには、処理後の肌トラブルを防ぐためにも、このように守るべき3ステップがあります。

1 温めてから抜く・・毛穴を広げて向けやすくするため。痛みの軽減にも繋がる
2 クールダウン・・・抜いた後にクールダウンさせるのは、開いた毛穴を閉じるため
3 保湿する・・・脱毛でダメージを受けた肌を保護してあげるため

ほとんどの女性が処理している脇毛。
専門のサロンやクリニックでの脱毛もありますが、脇毛は他の部位のムダ毛と比べると生えている面積や本数が少なく、太くてつまみやすいので毛抜きで処理している人もいます。

簡単に抜けますが、毛抜きで脇毛を引っ張り抜くときには、肌にとてもダメージを与えています。

そのため、ケアをしないと脱毛後に肌の黒ずみ、炎症、鳥肌のようなブツブツ、埋没毛など様々な肌トラブルを引きを越してしまいますので、正しく処理することが必要です。

脇毛を抜くと脇が臭くなるの?

疑問を持つ女性
脇毛を抜くと、脇が臭くなるという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。

脇毛と臭いは関係なさそうにも思えますが、毛を抜くことによってアポクリン汗腺を刺激してしまうことにつながってしまうのです。

毛穴と脇の臭いを発生させるアポクリン汗腺は繋がっているので、脇毛を抜くことで毛穴が刺激されて、アポクリン汗腺の働きを強め、臭いの発生を促してしまいます。

そのため、ワキガの人は毛抜きで脇毛を抜くのは注意が必要です。

脇毛がなくなると蒸れにくくなり、雑菌の繁殖も抑えることができるので、臭いが軽減されることもあるので、脇毛は処理すべきですが正しく脱毛したほうがよいのです。

重要なのは、毛抜きで引っ張ってアポクリン汗腺を刺激するのではなく、臭いを発生させるアポクリン汗腺を刺激しないよう、除毛クリームを使う、サロンやクリニックで脱毛をするという方法を選ぶようにしましょう。

脇毛を抜くと脇が鳥肌になるの?

毛抜きで脇毛を抜くというムダ毛処理を繰り返していると、次第に肌には鳥肌が出た時のようなブツブツができてしまいます。

脇のブツブツができてしまうのは、毛抜きで脇毛を抜いたことによる毛穴と肌へのダメージが原因です。

毛抜きで脇毛を処理するときには、生えている毛を無理やり引っ張り抜きます。

ムダ毛だけを引っ張っているつもりでも、そのときには一緒に周りの皮膚も引っ張られているので、繰り返すことで肌には大きなダメージになりブツブツができてしまいます。

また、抜いた後の開いた毛穴に雑菌や皮脂が詰まってツブツブと盛り上がったようになってしまうこともありますし、無理に引っ張ったことで、毛根から抜けず、途中で切れてしまい埋没毛になってしまうこともあります。

毛抜きで抜くと、根元からぬいたような快感はありますが、ワキガやブツブツなどのデメリットのほうが大きくなるのでやめましょう。

脇毛を抜くと炎症や埋没毛になるの?

埋没毛
脇毛を毛抜きで抜いていると、肌に炎症が起きたり、皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛という症状が起こります。

これらは毛抜きで脇毛を抜いたことによる、肌へのダメージが原因です。

脇は皮膚がうすく敏感な箇所のため、毛抜きでムダ毛を処理していると、毛嚢炎という炎症が起こりやすくなります。

プツンと膨らんで中心が赤みを帯びていたり、膿が付いているのが特徴です。

これは、脇毛を引っ張り抜いて開いた毛穴に雑菌が入り込んでしまったことが原因で起こります。

軽度の場合にはプツンとした見た目が気になるくらいで痛みやかゆみはありませんが、皮膚の奥深くまで膿が広がってしまうと病院で治療を受けなくてはいけなくなることもあります。

そして、毛抜きでムダ毛を引っ張ると周りの皮膚も一緒に引っ張られるためダメージを受けます。

皮膚は傷ついたときにはその部分を治そうとする働きがありますので、毛抜きで引っ張られてダメージを受けるとその部分を修復しようとして毛穴を皮膚で覆ってしまいます。

毛穴が塞がっても、成長した毛は伸びようとしてきますが、出口がないため皮膚の中で埋もれて伸びてしまうというので埋没毛になってしまいます。

脇毛を抜くデメリット「鳥肌など肌の炎症が起きやすい」

毛抜きピンセット
脇毛を毛抜きで抜くというムダ毛処理の方法は手軽で、毛根から抜くことができるので、カミソリでの処理よりも次に生えてくるまで時間が空くというメリットがあります。

しかし、鳥肌のようにブツブツができたり、炎症が起きやすいというデメリットが大きく、ブチブチと抜き続けてあとで後悔することが多いです。

また、脇は通気性が悪く汗をかいて蒸れやすい場所です。
そのため、雑菌が繁殖しやすく不衛生になりがちです。

毛抜きによってむりやり引き抜き、開いた毛穴に雑菌が入り込んだり、皮膚がダメージを受けて傷ができたりすると炎症が起こりやすくなります。

炎症が起きると赤いプツンとしたニキビのようなものができてしまいますので、習慣的に抜いてしまっている人はせっせと鳥肌を作っているようなもの。

常に鳥肌が出ているようなブツブツした肌になってしまうと、脇がみえることに抵抗感もうまれ、ファッションも楽しめなくなってしまいます。

脇毛を剃るデメリット「黒ずみになりやすい」

手がかゆい
カミソリで脇毛を剃るムダ毛処理の方法は、短時間で広範囲の毛を一気に処理できるというメリットがあります。

しかし、脇毛を剃るときに肌表面を傷つけてしまうため、黒ずみが発生しやすくなるというデメリットもあります。

カミソリで脇毛を剃るときには、皮膚表面にカミソリの刃が当たってしまうことで、目に見えない無数の傷ができてしまいます。

出血や痛みを感じるようなことはなくても、肌はダメージを受けています。

肌はダメージから守るためにメラニン色素を発生させます。

メラニン色素が発生すると肌は黒くなるため、カミソリでの脱毛を繰り返していると刺激が蓄積されて、次第に脇が黒ずんで見えるようになる人が多いです。

また、カミソリによって小さな傷ができることで、その傷を治そうとするときに毛穴が塞がってしまい、埋れ毛が発生したり、雑菌が入り込むことで、炎症を起こしてしまうこともあります。

ワキガの人は脱毛サロンで脇毛処理したほうがいい理由①ニオイの軽減

カラダの臭いの発生原因
脱毛サロンで脇の脱毛をする事でワキガの臭い軽減に繋がるという声もありますね。

脱毛サロンで脱毛をすると、自己処理の回数が減るので、自然と肌への刺激を減らすことができますし、毛と毛の間に汗や皮脂が溜まることがなくなります。

脇は通気性が悪く、汗をかいて蒸れやすい場所なので雑菌が繁殖しやすいですが、脇毛を綺麗に脱毛することで、雑菌が繁殖しやすい環境を改善することにもつながっているのです。

脇毛がなくなる事で、蒸れにくくなり雑菌の繁殖を抑えることができますし、汗をかいたときにも拭き取りやすくなり衛生的に保てるようになることで臭いを軽減させることできますね。

ワキガの人は脱毛サロンで脇毛処理したほうがいい理由②自己処理では脇が汚くなる

途中で毛が切れる
脇毛の自己処理の方法は、毛抜きやカミソリを使った方法です。

これらの方法はムダ毛の処理をするのと同時に肌にダメージを与えますし、抜いている途中で毛がきれてしまうことも発生します。

そのダメージが原因で鳥肌のようなブツブツができたり、黒ずんでしまったりと肌が汚く見えるようになってしまいます。

一方、脱毛サロンでの脱毛は皮膚には刺激を与えません。

光脱毛やフラッシュ脱毛などサロンによって機械は違いますが、黒いものに反応する特殊な光を当てることで、皮膚には刺激を与えず、毛の生えてくる元になる毛入頭に刺激を与えることができます。

毛の成長をつかさどる毛入頭を壊すことで、毛が生えにくくなくなります。

脇毛が生えにくくなるまたは、毛がうぶ毛のように細くなることで、自己処理の回数を減らすことができるので、肌へのダメージを減らすことができ、結果としてブツブツや黒ずみの原因を作らないようになります。

ワキガだから脱毛にいくのは恥ずかしいという人はサロンで指名できるか確認しよう

顔を隠して恥ずかしがる女性
ワキガは女性にとってとてもデリケートな問題です。

ワキガが原因で脱毛に行くのが恥ずかしいと思っている人もいるでしょう。

脱毛に行くたびに、スタッフさんに「臭いが気になる」と申告するのも辛いですよね。

脱毛サロンでは、スタッフさんを指名できる店舗があります。

初めのカウンセリングでしっかりと悩みを相談し、あとは同じスタッフさんを指名して通うことで何度も悩みを伝える必要がなくなりますし、施術をスムーズに行うこともできます。

指名を行なっていない店舗もあるので、最初のカウンセリング予約をするときに確認してみるのが良いですね。

ただ、私自身も臭いが気になってしましたが、あまり神経質になってしまうより、リラックスしてサロンで過ごしたほうが、通うのも苦痛になりません。

脱毛サロンのスタッフさんはプロです。
そもそもワキガの方の対応にも慣れているので、実際は本人が悩むほど何も思っていないということがほとんどのような気がします。

まとめ:ワキガを改善したいなら毛抜きは逆効果

私自身もサロン脱毛を行って実感していますが、ワキガは脇毛がなくなることで、雑菌の繁殖しにくくなり臭いのキツさが軽減できる人がいます。

しかし、自己処理で脇毛を抜いている人は注意です。
毛抜きでの自己処理は、無理やり毛を引き抜く際に、ワキガ臭の元になるアポクリン汗腺を刺激してしまうので逆効果になってしまうことがあります。

アポクリン汗腺は毛穴に繋がっていますので、毛抜きで毛を引っ張ると毛穴の周りの皮膚まで引っ張られて、アポクリン汗腺の働きを活発にさせてしまいます。

それが毛抜きによってワキガがきつくなってしまう原因にもつながってしまいます。

そのため、ワキガが気になる人は、毛抜きの使用はしないようにしましょう。

サロンでの脱毛効果
・自己処理の回数が減り、肌への刺激が少なくなるので、脇をきれいに保つことができる
・カミソリや毛抜きの刺激がないので、黒ずみの心配もなくなる

脇毛があることで、蒸れやすく雑菌も繁殖しやすかったのが、脱毛することで蒸れにくくなり衛生的に保つことができるようになるので、毛抜きを使っている人は自己処理ではない脱毛方法をえらんだほうが、結果として満足度が高いと思います!